TOP > 主催シンポジウムなど > 第10回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム プログラム


第10回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム

※ポスターはこちらからダウンロードできます(PDF 4.6MB)。

◆プログラム

【日 時】 2012年10月7日(日)
【場 所】 東京慈恵会医科大学 西新橋キャンパス大学一号館
  (東京都港区西新橋3-25-8)
【全体テーマ】 科学・技術における性差
 
受付 9:30~ 東京慈恵会医科大学 西新橋キャンパス大学1号館3階
 
午前 分科会(9:30~11:30)
  分科会 1(6階 講堂) 女性リーダーをどのように育てるか?
        (担当学会:応用物理学会)
  分科会 2(5階 講堂) 男女共同参画の取り組みの成果と今後の展望
        (担当学会:日本動物学会)
  分科会 3(17階 会議室) キャリア形成のためのコツは何か?
        (担当学会:日本宇宙生物科学会)

ポスター発表(11:30~13:00)  7階 実習室
 
午後 全体会議(13:00~18:10)   3階 講堂
        総合司会:松田哲也(玉川大学)
13:00~13:05  開会の辞
  連絡会委員長 関野祐子(国立医薬品食品衛生研究所)
13:05~13:35  来賓挨拶
  内閣府 男女共同参画局 局長 佐村知子氏
  文部科学省 科学技術・学術政策局 基盤政策課 課長 板倉周一郎氏
  科学技術振興機構 総括担当理事 川上伸昭氏
  日本学術会議 科学者委員会男女共同参画分科会 副委員長 小舘香椎子氏
  経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室企画調査官 坂本里和氏
  厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 雇用均等政策課長 成田裕紀氏
13:35~13:40  歓迎の辞
  東京慈恵会医科大学 学長 栗原敏(日本生理学会会長)
 
13:40~15:25  パネル討論 I:男女共同参画学協会連絡会10周年記念
「男女共同参画の過去・現在・未来―学協会連絡会10年の歩みを振り返って」
        司会:木村純子(福島県立医科大学)・白尾智明(群馬大学)
  1. 出発以前の頃 (13:40~14:00)
    坂東昌子(NPO知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん)
  2. 連絡会発足とその後の10年 (14:00~14:25)
    小舘香椎子(科学技術振興機構)
    栗原和枝(東北大学)
  3. 未来に向けて:分科会報告 (14:25~14:55)
  4. 総合討論 (14:55~15:25)
 
15:25~15:40  休憩
 
15:40~17:50  パネル討論 II:「男女の違いと科学・技術」
        司会:水村和枝(中部大学)・宮坂京子(東京家政大学)
  1. 脳の2つの性‐セックスとジェンダー‐ (15:40~16:05)
    貴邑冨久子(横浜市立大学名誉教授)
  2. 性差に基づいた医学・医療の考え方 (16:05~16:30)
    松田昌子(山口大学)
  3. 女子が理科を好きになるしかけづくり (16:30~16:55)
    磯貝里子(株式会社リバネス)
  4. Professionalism and leadership ‐Leaderの条件‐ (16:55~17:20)
    平敷淳子(埼玉医科大学名誉教授)
  5. 総合討論(17:20~17:50)
 
17:50~18:10  各種報告
  1. アンケートについて  吉村由美子(自然科学研究機構生理学研究所)
  2. 10期活動報告   関野祐子(国立医薬品食品衛生研究所)
  3. 新規加盟学会紹介・挨拶
    日本農芸化学会 会長 太田明徳(東京大学名誉教授)
    日本魚病学会 評議員 笠井久会(北海道大学)
    日本解剖学会 男女共同参画推進委員会委員長 仙波恵美子(和歌山県立医科大学)
    歯科基礎医学会 理事長 大浦清(大阪歯科大学)
  4. 第11期委員長挨拶   澤田美智子(日本動物学会・産業技術総合研究所)
 
18:10~ 集合写真の撮影
 
懇親会 (18:30~20:00) 4階学生ホール
        司会進行:勝亦憲子(理化学研究所)