男女共同参画学協会連絡会 Japan Inter-Society Liaison Association Committee for Promoting Equal Participation of Men and Women in Science and Engineering Japan Inter-Society Liaison Association Committee for Promoting Equal Participation of Men and Women in Science and Engineering

共催・協賛・後援等催し

※開催日順にソートしています。

後援 第3回 D&I フォーラム
ダイバーシティ2.0
多様性を活用できる組織こそが生き残る時代へ

チラシのダウンロード

日時: 2020年11月14日(土) 14:00-17:00
形式: オンライン開催
14:00  開会挨拶
14:15  講演
15:15  休憩
15:25  先進事例
15:55  感想等の共有
16:25  休憩
16:35  意見交換・質疑応答
16:55  閉会挨拶

後援 2020年 JWEF女性技術者に贈る奨励賞授賞式と記念シンポジウム

チラシのダウンロード

日時: 2020年11月3日(火) 13:30

形式: オンライン開催

13:30  JWEF奨励賞授賞式&記念講演

15:00  記念シンポジウム
矢島洋子氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社執行役員・主席研究員

16:00  交流会

後援 日本放射線影響学会 第7回キャリアパス・男女共同参画委員会企画セミナー
「ウイズコロナ・ポストコロナ時代の研究推進のための知恵」

日時: 2020年10月14日(水) 16:00-17:15

形式: オンライン開催(Zoom)

対象:日本放射線影響学会の会員

座長:細谷紀子(東京大学))  飯塚大輔(量子科学技術研究開発機構)

16:00-16:05  委員長挨拶(今期の委員会体制と活動内容の紹介)

16:05-16:30  「ウイズコロナ・ポストコロナ時代の研究推進のための知恵」事前アンケート結果発表

16:30-16:55  グループディスカッション(Zoom のブレイクアウトセッション)

16:55-17:10  各グループ代表からの報告と全体のまとめ

17:10-17:15  理事長挨拶

後援 平成30年度文部科学省 科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
四国発信!ダイバーシティ研究環境調和推進プロジェクトシンポジウム2020

テーマ:「女性研究者が輝く Strong Network」

日時: 2020年9月18日(金)13:30~16:30

場所: 藤井節郎記念ホール(無観客ライブ配信)

[シンポジウム]

13:30~13:55  開会挨拶  徳島大学長
総括責任者  事業説明
四国発信!ダイバーシティ研究環境調和推進プロジェクト事業概要

13:55~14:10  来賓挨拶  文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課(予定)

14:10~14:50  基調講演  武川 恵子 氏
昭和女子大学
グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科 教授
前 内閣府 男女共同参画局長

14:50~15:00  休憩

15:00~16:20  パネルディスカッション(連携機関の女性研究者)

16:20~16:30  閉会挨拶  徳島大学副学長

後援 日本学術会議社会学委員会ジェンダー研究分科会
公開シンポジウム「理数科系教育とジェンダー:学校教育にできること」

日時:2020年9月15日(火)13:30~16:20

場所:インターネット上でのオンラインシンポジウム

総合司会 天童睦子(日本学術会議連携会員、宮城学院女子大学一般教育部教授)

13:30 開会挨拶
遠藤薫(日本学術会議第1部会員、学習院大学法学部教授)

趣旨説明
河野銀子(日本学術会議連携会員、山形大学学術研究院教授)

13:50 理数系教育の研究と実践
瀬沼花子(玉川大学教育学部教授:数学教育学)
稲田結美(日本体育大学児童スポーツ教育学部教授:理科教育学)
栗山恭直(山形大学学術研究院教授:化学・化学教育)

14:50 他分野からのコメント
山西陽子(日本学術会議連携会員(第3部)、九州大学工学研究院機械工学部門流体医工学教授)
井谷惠子(日本学術会議連携会員、京都教育大学教育学部名誉教授:体育科教育学)
小浜正子(日本学術会議連携会員、日本大学文理学部教授:アジア史)

15:20 討論

15:50 総括

16:00閉会挨拶 宮崎恵子(日本学術会議連携会員、海上技術安全研究所国際連携センター副センター長)

後援 日本動物学会第91回大会 シンポジウム・関連集会
第20回男女共同参画懇談会 ランチョン企画
ワーク・ライフ・バランスを考える〜研究を続けるためのコツとは〜
The 20th ZSJ Meeting on Equal Participation of Men and Women in Science:
“Thinking about Work-Life Balance – What is the key to continuing your research? – ”

チラシのダウンロード

日時:2020年9月5日(土)11:30~13:00
場所:Zoomオンライン会議

プログラム:
総合司会:広瀬慎美子(東海大・海洋・環境社会)

11:30 大規模アンケートのデータ推移から見る動物学会会員の現在
吉田 薫 (桐蔭横浜・医用工・生命医工)

11:40 動物学会員のキャリアパスに関する意識調査の結果と今後のキャリアパス支援
西野 敦雄 (弘前大・農学生命・生物)

11:50 前回のグループディスカッションの報告
小柴 和子 (東洋大・生命・応用)

12:00 ワーク・ライフ・バランスを考える〜研究を続けるためのコツとは〜
中内 祐二 (山形大・理・理)

後援 公開シンポジウム「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティに関する課題と今後の展望」

チラシのダウンロード

日 時:令和2年8月10日(月・山の日) 13:00~17:30

場 所:ウェブ開催(Zoom)

総合司会:大杉 立(日本学術会議第二部会員・東京農業大学客員教授)

13時00分〜13時05分
開会挨拶
平井 みどり(日本学術会議第二部副部長・兵庫県赤十字血液センター所長)

13時05分〜13時15分
来賓挨拶
松尾 泰樹(内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当))
真先 正人(文部科学省 大臣官房文部科学戦略官)

基調講演
13時10分〜13時55分
「日本の未来を拓くためのダイバーシティとは」
渡辺 美代子(日本学術会議副会長・科学技術振興機構副理事長)

13時55分〜14時40分
「生命科学分野におけるダイバーシティ推進〜過去・現在・未来〜」
大隅 典子(東北大学副学長(広報・共同参画担当))

休憩 14時40分〜14時50分

各分野の現状・課題とその解決に向けた取り組みの紹介
14時50分〜15時10分
「看護学系分野におけるジェンダー・ダイバーシティ ~女性は本当にマジョリティ?~」
小松 浩子(日本学術会議第二部会員・慶應義塾大学看護医療学部教授)

15時10分〜15時30分
「当院外科研修医の動向からみた、外科領域における男女共同参画とは」
花岡 裕(虎の門病院消化器外科・医長)

15時30分〜15時50分
「薬学系における働き方の現状と課題 〜リケジョと薬学男子@薬学〜」
石井 伊都子(千葉大学医学部附属病院教授・薬剤部長)

15時50分〜16時10分
「真の男女共同参画とはー家政学分野の現状と課題からー」
小川 宣子(日本学術会議第二部会員・中部大学応用生物学部教授)

16時10分〜16時30分
「農学系分野におけるジェンダー・ダイバーシティの現状と課題」
熊谷 日登美(日本学術会議第二部会員・日本大学生物資源科学部教授)

休憩 16時30分〜16時40分

16時40分〜17時20分
パネルディスカッション
司会:平井 みどり(日本学術会議第二部副部長・兵庫県赤十字血液センター所長)
大杉 立(日本学術会議第二部会員・東京農業大学客員教授)
パネリスト:小松 浩子(日本学術会議第二部会員・慶應義塾大学看護医療学部教授)
花岡 裕(虎の門病院消化器外科)
石井 伊都子(千葉大学医学部附属病院教授・薬剤部長)
小川 宣子(日本学術会議第二部会員・中部大学応用生物学部教授)
熊谷 日登美(日本学術会議第二部会員・日本大学生物資源科学部教授)

17時20分〜17時30分
まとめ・閉会の辞
名越 澄子(日本学術会議第二部会員・埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科教授)

問い合わせ先:日本学術会議第1担当第二部担当 03-3403-1901


主 催:日本学術会議第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会

後 援:国立研究開発法人 科学技術振興機構
内閣府男女共同参画局
文部科学省科学技術・学術政策局
公益社団法人 日本薬学会
一般社団法人 日本看護系学会協議会
一般社団法人 日本医学会連合
一般社団法人 日本農学会
生活科学系コンソーシアム
生物科学学会連合
日本生命科学アカデミー
日本農学アカデミー
男女共同参画学協会連絡会

 

これ以前の行事は、過去の共催・協賛・後援等催しのページをご覧ください。

© 男女共同参画学協会連絡会 2003-2021. All rights reserved.